システムエンジニアの仕事は素人から見るとまるで魔法のようである。プログラミング言語という名の呪文を綴れば、そこに最新のシステムが現出するからだ。その技術には感嘆することしきりであるし、実際にやりがいのある仕事であることも確かだろう。

しかし、この仕事には大きな不安が潜んでいる。それはその技が、明日には時代遅れになってしまうかもしれないという不安である。IT業界における技術の進歩は日進月歩だ。そのため、システムエンジニアも常に新しい技術を取り入れて自分のスキルを磨いていかねばならない。しかし、IT企業における仕事は多忙を極め、学習に割く時間を確保するのは難しい。若い内はまだよいが、歳を重ねていくと新しい知識を積み重ねるのはますます困難になってくるのは事実で、その現状を踏まえて35歳限界説が囁かれるほどだ。実際にそうなった時に企業側が用意している受け皿がプロジェクトマネージャーである。つまり、技術面で追い付けなくなったのであれば管理職として会社に貢献ということだ。
しかし、技術屋一筋できた者は管理職には馴染めないことが多いかもしれない。そうなると選ぶべき道は転職かフリーランスかという話になってくる。どちらの道を選んだとしてもそこでも新たな不安を抱えることになるだろう。したがって、システムエンジニアを目指す者は漠然とした憧れだけでなく、将来におけるキャリアパスもしっかりと描いておくことが大切である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です