システム開発においてシステムの考案を行うシステムエンジニアには、新しいものを生み出すための柔軟な思考能力がスキルとして要求される。しかし、実際の業務内容については勤める企業やそのプロジェクトによっても差異が大きい。システム開発の基本として、問題解決の手段で、情報技術を用いた方法を導き出すということがアプローチとされる。そのため、開発においては問題の発見と具体化、その解決を実現するための戦略の策定、それを実現するためのシステムの考案と仕様の決定、そして、その仕様に基づくプログラム開発といったプロセスが典型的な流れとなるのだ。
システムエンジニアはそのシステムの考案と仕様の決定を行う職務を担うものの、その範囲に限定されるとは限らない。大勢の人員が関わってプロジェクトを進行させることの多い大手企業においてはそれぞれの工程を適材が担うため仕事はシステム考案に限定されることも多い。しかし、プロジェクトチームの小さいベンチャー企業等においてはシステムエンジニアが顧客へのヒアリングによる問題の具体化から戦略の策定、そのためのシステムの考案に至るまでを幅広く担うことになることも稀ではなくより多くのスキルが必要とされる。現場によってはその後のプログラム開発を担うことになる場合もあり、そういった場合にはプログラミングスキルも必須とされる。したがって、自分の能力に応じて働く現場も選ばなければならないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です