プログラマーは、プログラミングによるソフトウェア開発が主な仕事内容である。そのため、プログラミングの技術向上に力を入れていれば、その仕事に就くことができる。一方システムエンジニアは、プログラマーとしての開発能力を持つ一方で、人と接するための能力も、与えられた仕事をこなす上で求められる。このようなことから、システムエンジニアは、開発スキルに加えて、人間の魅力があるかどうかが仕事に直結する。たとえプログラマーとしての開発能力は高くとも、他人にあまり関心が無いといった人は、システムエンジニアとしての仕事をこなすことは難しい。人間としての魅力を持ち、人との接する経験を有している人物は、この仕事で求められる条件を満たして、円滑にシステム開発のエンジニアとしての役割を果たすことができる。

プログラミングに関しては得意という人でも、こうしたシステム開発のエンジニアにとって必要な人間力を高めることに苦労している人は多い。プログラミングに興味を持ち、そのスキルを磨くためにひたすら勉強してきたプログラマーにとって、人との関係を作り調整する能力は未知の領域である。このハードルを越えることができたプログラマーは、キャリアアップする道が開ける。将来、システム開発のエンジニアの道を目指すのであれば、プログラマーとして働いているうちから、人との接し方について考え、そのスキルを磨くことに関心を持つ事が必要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です