コンピューターシステムの開発では、クライアントからの依頼を受けて開発するという事例が多い。業務などに役立てるためのコンピューターシステムの必要があり、開発の専門業者であるシステム開発会社へと依頼が寄せられる。開発会社で技術者として勤めているシステムエンジニアは、クライアントの要望を受けて、それをコンピューターシステムで実現する必要がある。しかし問題であるのは、クライアントのニーズを完全に読み取ることが難しいという点である。この事が問題となって、納期間近に、クライアントとの意思疎通のトラブルが発生する状況が起こりかねない。もし開発終盤での開発方針の変更を余儀なくされるとなれば、それは開発上の致命的な問題となる可能性もある。このような状況を打破するためには、未然に問題を防ぐ予防策に力を入れる必要がある。クライアントが必要とするコンピューターシステムは何であるか、十分な検討を必要とする。
また、各開発段階においてクライアントとコンタクトを取り、開発状況の説明をすることが有効である。顧客の企業などと密接な関係を持って、協力してシステム開発を続けていくには、システムエンジニアのコミュニケーション能力が問われるだろう。意思疎通の問題は、開発の失敗や大きな損失にもつながりかねない。システムエンジニアが、クライアントと十分なコミュニケーションを取ることができるスキルは、開発が成功するかどうかの重要な鍵を握るのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です